• みやわき健康薬局  宮脇 崇

子宮頸部異形成と漢方薬による体質改善について

こんばんは^^朝からとても気持ちのいい天気となりました鹿嶋市です。気持ちは良いものの、気温の方が急に低下してきたので、特に朝晩は冷やさないように注意しましょうね。



さて、本日は「子宮頸部異形成と漢方薬による体質改善について」という話題でブログを進めていこうと思います。


このところとても多いご相談です。子宮頸部異形成は子宮の入り口である子宮頸部の細胞がなんらかの変異を起こし、正常とは言えない細胞になっている状態をいいます。端的に申し上げますと子宮頸がんの前段階(前がん病変)です。


まだ病気になっていないものの、深刻な病気に進行していく可能性があるので、ご本人様としてはどうにかしたい…と思い悩むことが多いようです。とはいえ、治療しなくても自然治癒(消退)することがあるという理由から、初期段階では直ちに治療するのではなく経過観察することが多くなります。病状が進行して高度異形成・上皮内がん(CIN3)や、CIN2が長期に渡って遷延する場合では、子宮頸部円錐切除術などの治療が選択されます。




子宮頸部異形成から子宮頸がんへの段階

子宮頸癌の検査結果は以前まではクラス分類と言うI~Vの5段階で分類されています。国際分類でもあるベセスダシステムに基づいた分類となります。


  1. NILM(クラスI・II)→正常な細胞のみ

  2. ASC-US(クラスII・IIIa)→異形成とは言い切れないが細胞に変化や炎症がある

  3. ASC-H(クラスIIIa・CIN1)→ウイルス感染の可能性・高度な細胞異型の可能性がある

  4. LSIL(クラスIIIa・CIN2)→HPV感染や軽度異形成と考えられる

  5. HSIL(クラスIIIb・CIN3)→中等度異形成・高度異形成・上皮内癌と考えられる

  6. SCC(クラスIV・V)→明らかな扁平上皮癌と考えられる・微小浸潤癌


1~3までは経過観察で特に治療はせず、CIN3や、CIN2が長期に渡って遷延する場合から治療(子宮頸部円錐切除術など)を行うという方針の医療機関が多いようです。




漢方では皮膚粘膜の免疫活性及び血流促進を行う


漢方では初期治療として皮膚粘膜の免疫力を高めるという治療法を用います。

✅皮膚粘膜の免疫力を高める漢方薬

  • 衛益顆粒

  • 黄耆建中湯

  • ヨクイニン

  • シベリア霊芝

  • 冬虫夏草



更に血流を促して粘膜まで免疫細胞を届けるという方法も大事になります。

✅血流改善に役立つ漢方薬

  • 桂枝茯苓丸

  • 田七人参

  • 地竜

  • 冠脈通塞丸


また、進行してきた時は炎症を改善するという方法を用います。

✅炎症抑制に役立つ漢方薬

  • 田七人参

  • 白花蛇舌草

  • 竜胆瀉肝湯

  • 板藍根



体力が低下している場合には体力の底上げも行わなければなりません

✅体力を高める漢方薬

  • 人参養栄湯

  • 十全大補湯

  • 帰脾湯

  • 補中益気湯

  • 当帰芍薬散



これら漢方薬を異形成の進行具合や体質によって使い分けるようにします。初期で大事になるのは体力及び免疫力を下げないことです。日常生活による養生がとても大事になります。

✅日常生活で大事になること

  • たっぷり眠ろう

  • 過労しないように気を付けよう

  • 体を冷やさないようにしよう

  • ストレスから遠ざかろう

  • 激しい運動を続けるのはやめよう

  • バランスの良い食事を心がけよう

  • 暴飲暴食は控えよう

  • 過度の飲酒や喫煙は避けよう

  • 貧血がある場合は改善しよう

  • 過度のダイエットはやめよう

  • 規則正しい生活を送ろう

  • 風邪をひかないようにしよう

  • 楽しく前向きな毎日を送ろう



以上になります。


子宮頸部異形成の発症の原因は、ヒトパピローマウイルスによるものですが、ウイルス自体はありふれたものであるため、性交渉経験のある女性の半数以上は感染があると言われています。感染すれば皆が異形成→子宮頸がんに発展するのではなく、多くの場合は自分自身の免疫によって発症せずに抑えられています。


とはいえ、人によってはがん化することがあるので、日ごろから適切な生活習慣を心がけて(負担にならないように緩めに)自分自身の健康状態を良好に保つ必要があります。また、定期的な検診を受け、早期発見をこころがけることも大事になります。


当店では、以上のようなご説明を丁寧に行うと共に、きめ細かく日常の生活習慣及びお客様に合う漢方薬のご提案をしております。ぜひご相談くださいませ。





ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。 TEL 0299-82-6897(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ) mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp LINEはホーム→友だち→公式アカウント→「みやわき健康薬局」で検索してメッセージ下さいませ


0件のコメント