• みやわき健康薬局  宮脇 崇

防風通聖散(コッコアポ、ナイシトール)を飲むとなぜ痩せるのか?

こんばんは^^日中は本当にシャツ1枚でいいくらい暖かいですが、夜になると気温が下がって上着が欲しくなります。このように春めいていますが日中と夜の気温差が激しいので体を冷やさないように注意しましょう。



さて、今回は防風通聖散(コッコアポ、ナイシトール)を飲むとなぜ痩せるのか?というお題でブログを書いていこうと思います。


皆さんコッコアポやナイシトールという名前聞いたことがありますか?ナイシトールは松重豊さんがCMにて宣伝していますよね。1度は目にしたことがあると思います。


これらナイシトール、コッコアポ、防風通聖散の中身は全て同じものです。


おなかの脂肪を落とすなどのうたい文句で各メーカーがダイエットマーケットに入り乱れている状態です。どうしようもない業者たちだな…とちょっと呆れます。




この防風通聖散はなぜ飲むと痩せるのでしょうか?

防風通聖散の痩せ作用

①余分な水分を尿として排泄させる

②食べ物が消化管を通過する時間を早めて過剰に吸収されないようにする

③交感神経を刺激して代謝を高める

④体表部の血流を促して胃熱(胃に熱が入ると食欲が亢進する)を取り去る

⑤胃腸や肝臓の熱を冷ます(余計な熱は食欲を亢進させる)


これら作用によってダイエット効果を高めます。


要するに尿と便の排泄力を高めて水太り及び食べ物が吸収されにくいようにしつつ、食欲が増す原因となる余計な熱を取り去るという処方です。


なんか効きそうですよね?





がしかし、実際には「表寒裏熱」の薬


実際には表寒裏熱といって体の深部(胃腸や肝臓)に余計な熱が入っている(ストレスや食べ過ぎ、アルコールの過剰摂取、肥満など)状態の人が一過性の冷え(風邪や体を冷やすなど)が加わり、結果、体内深部の過剰な熱を発散できない状態の時の改善として用います。


とこのような適応となっていますが、ここまで絞り込む必要はなく、体内深部に熱がこもっている人に出る不快症状(湿疹、便秘、口が苦い、のぼせ、多汗、尿が濃い、頭痛)や急性腎炎、急性腎炎、インフルエンザ、気管支炎、胃腸炎で冷え+体内深部の熱を呈しているものに使っていい処方です。


現代では肥満に対して誰でも飲んでいいという感じで売られていますが、実際にはこのような適応があるので、あまり誰でものべつなく飲んでもいいというものではありません。




防風通聖散を飲んだらダメな人

・心臓が弱い人

・情緒が不安定な人

・精神疾患を抱えている方

・下痢症の人

・胃弱で冷たい飲み物に弱い人

・皮下脂肪型の肥満(防風通聖散は内臓脂肪型・リンゴ型の肥満に適応)

・虚弱体質の方

・頻尿気味で夜間尿が3回以上ある方

などは基本的に使用しない方がいいです。


✅理由

・体内深部の熱を取り去る作用があるので、虚弱体質、内臓機能低下がある方は余計に弱くなるから

・発散作用が強いので体力を消耗させてしまうから

・麻黄という交感神経刺激成分が含まれているので神経症状がひどくなることがあるから

・利尿作用があるので頻尿を悪化させるから




薬なので適応を守るようにしましょう

漢方薬なので副作用はない、だから猫にも杓子にもおすすめして大丈夫!と思っている人は漢方薬を知らない素人です。


「作用がある=症状を改善する→使い方を誤ると副作用が出る」という公式があります。例えば防風通聖散には内臓の熱を取り去るという作用があります。この作用は実際にアルコールの過飲などで熱が入り、それが原因で口臭や便秘が引き起こされている場合には、熱を取る→症状が緩和されるということになりますが、特に内臓に熱も入っていないのに使ってしまうと、内臓の熱を取る→冷えてしまい機能低下を引き起こすということとなり、逆に具合を悪くさせてしまう原因になってしまいます。


このように、効果があるということは、原因に見合わないと副作用となって出ることの裏返しとなるので覚えておきましょう。




こんなこと言うと炎上しそうですが、痩せたいなら食べるものを制御すれば痩せます。特にお金や副作用の危険性がある薬やサプリメントをつかう必要はありません。


大事なお金やお体を危険に晒さないようにしましょう。


お悩みの際はみやわきまでご相談くださいませ。





ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。 TEL 0299-82-6897(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ) mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp LINEはホーム→友だち→公式アカウント→「みやわき健康薬局」で検索してメッセージ下さいませ

0件のコメント

最新記事

すべて表示