• みやわき健康薬局  宮脇 崇

自分の体臭・口臭は健康のバロメーター








無料写真素材 写真AC より引用


こんばんは^^今日も昨日に引き続き冬らしくない暖かさになりましたね。生活する分にはありがたいですが、気候変動大丈夫?とちょっと心配にもなりますよね。



さて、「自分の体臭・口臭は健康のバロメーター」ということですが、皆さん自分自身の臭いってチェックしていますか?


今はスメハラなんて言葉もあるくらい臭いに厳しい世の中になっていますので、皆さん少なからず気にしているはずです。


そんな臭いですが、健康のバロメーターになっているので積極的にチェックしましょう。


気にしたいのが

●今までと違う体臭がする

●臭いのあるものを食べたわけじゃないのに口臭がきつい

●汗の臭いが急にきつくなった

●臭いと同時に不快症状が増した(口内の違和感、皮膚炎、体調が悪いなど)

これらは気にした方がいいでしょう。


一方で

●先天的な体臭

●臭いの強いものを食べた後の口臭

●大量に発汗した後の汗臭

●代謝がいい子供の足の臭い

などはあまり気にする必要はありません。


口臭で気にした方がいいのが

〇甘酸っぱい臭い(ダイエットや糖尿病)

〇むせかえるような強い口臭(アルコールや食べ過ぎによる熱過剰)

〇腐敗臭、苦い臭い(歯周病や虫歯)

〇起床時の口臭が常にしている(口の渇きによる雑菌の繁殖)

などがあります。口臭が強いということは口内に雑菌が多く発生している又は胃腸に熱が入っている、食べ物の残滓が残っている、そして糖尿病やがんなどの病気によるものに分類されます。


特に「急に変化する」という場合には体に中に急激な変化が起こっている証拠なので、その状態が続き、更に体調に変化を感じるといった場合には生活を見直す、人間ドックなどの検査機関で検査を受けるようにすべきです。更に症状が強い場合は病院に診てもらうようにしましょう。



体臭で注意した方がいいのが

〇加齢臭が急にひどくなった(ストレス状態、体の急激な老化、血流の悪化など)

〇汗の臭いが急に尿臭くなった(ストレス状態、肝機能低下、腎機能低下)

〇体臭が甘ったるくなる(糖尿病)

〇どぶのような臭い(肝機能障害)

〇新緑の臭い、硫黄臭(がん)

〇頭部の臭いがきつい(ストレス状態、脱水、加齢)


以上は代表的なものだけで実際にはもっと多種多様の臭いがあります。これら臭いを自分自身で気づけたらいいですが、嗅覚というのは「慣れ」てしまい臭いが分からない時があるので、周囲の家族が気づいてあげて検査や生活習慣の見直しのきっかけになればと思います。


特に「入浴の後の湯水が臭い」という場合は注意が必要なので即精密検査を行うようにしましょう。





ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897

(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)

mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 

LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい


0件のコメント