• みやわき健康薬局  宮脇 崇

真夏に食欲がなくなった時って無理やりにでも食べた方がいいの?



こんばんは^^今日は一日中結構な量の雨が降り続きました。ザ・梅雨ですね。夏野菜たちが喜んでいるように感じます。



さて、今日は「真夏に食欲がなくなった時って無理やりにでも食べた方がいいの?」という話題についてご説明していこうと思います。


皆さん夏の暑い時って食欲が減退するときってありませんか?


私はよくあります。猛暑の中で一日中外にいて軽い熱中症のような状態になっている時や、水分をがぶ飲みしすぎた時、そして夏バテして体全体が弱っている時などは食欲がなくなってしまいます。


✅このような時って何となく不安になりませんか?

  • ろくなもの食べてないので倒れないかな?

  • 食べてないから熱中症にかかりやすいのでは?

  • 暑さに対する抵抗力が低下してしまうのでは?

なので

  • 食欲はないけど無理やり何かを食べた

  • どうせなら、精のつくうなぎや焼肉などをたくさん食べた

などという声をよく聞きます。果たしてこれは正しい行為なのでしょうか?




答えはNO

これは皆さん最初から答えが分かっていたのではないでしょうか。


食欲がない時に脂っこいうなぎを腹いっぱい食べたらどうなるか分かりますよね?

そうです。余計に胃腸が弱ってしまい、食欲がなくなってしまうばかりか、消化不良によって下痢や腹痛などに悩まされてしまうかもしれません。そして、調子が悪い状態が長引くことになります。


確かに、栄養を摂取しないとエネルギーが不足してしまうので、熱中症や夏バテなどのリスクは増大しますが、だからといって弱っている胃腸に無理やりものを入れても消化吸収してエネルギーに変えることはできません。


無理やり摂取してもエネルギーに変えることができない+余計に胃腸の働きを低下させてしまう→胃腸の調子悪化が長引いてしまい、結果、熱中症や夏バテのリスクを上げてしまう。ということになるので無理やり食べることは避けるようにしましょう。




では、食欲がなくなった時はどうすればいいのか?

病的な場合(各種内臓疾患)を除き、胃腸の機能が低下しているだけであれば、冷たい飲み物や脂っこい食べ物を避け、日本食腹7分目程度をよく噛んて食べるという食生活にプラスして、規則正しい生活を送り、翌朝疲れていないような休息をしっかりとっているのならば、時間が経てば(1~7日)改善すると思います。


その時、写真のようなお粥をよく噛んで食べるようにすると、より胃腸の負担が減るので立ち上がりが早くなります。


改善のポイントは焦らないこと。

少しくらい栄養がないからといって倒れないので大丈夫です。焦らず消化のよいあっさりとした食事を1~2週間ほど続けるようにしましょう。


そうすると、そのうち耐えられないほどの食欲に襲われる日が来ます。その日が来たら普通の食事に戻していくようにします。



✅長引く時は以下を確認する

  • 胃がんや胃潰瘍など消化器系の病気はないか?

  • 肝臓や胆のうの機能は正常か?

  • 腎臓の機能は正常か?

  • 心臓の機能は正常か?

  • 感染症の可能性はないか?

  • 貧血はないか?

  • 精神疾患の可能性はないか?

  • 内分泌系の病気はないか?




夏は胃腸のケアを怠らないようにしよう

夏は体内深部の熱を体外に逃がすために体表部への血流が盛んになり、逆に胃腸への血流が緩慢になります。


これによって、胃腸の働きが悪くなるので、どうしても食欲が低下しがちになります。


また、冷たいものを飲みすぎること、熱刺激によって体全体が弱りやすくなることなども胃腸の機能低下に拍車をかけます。


なので、しっかりケアするようにしましょう。


✅夏場の胃腸ケアで大事なコト

  • 冷たい飲み物を摂りすぎない

  • どうしても冷たいモノを飲む時は一気飲みしない

  • 脂っこいものは摂りすぎない

  • 食事の前後に水分を摂りすぎない

  • めちゃくちゃよく噛んで飲み込む

  • 寝る前はなるべく何も食べない

  • 体をしっかり休める(翌日に疲れを持ち越さないようにする)

  • ほてりを助長させる飲酒は控えめに

  • 体の熱を冷ます夏野菜や果物を適当に摂る

  • 胃腸の動きをよくする薬味を上手に使う

  • 消化のいいたんぱく質(鶏ひき肉・白身魚・卵料理・豆腐料理・ヨーグルト)などを利用する(たんぱく質は消化が悪いので夏場はなるばく消化のいいたんぱく質食材を利用する)

  • 生の食材ではなく火を通したものを食べるようにする


さて、そろそろ真夏の太陽がギラギラと照り付ける暑い夏が来ます。夏の健康は胃腸の調子で決まる!といっても過言ではありません。胃腸を労わり素晴らしい夏をお過ごしくださいませ。


当店には胃腸の調子を整える各種漢方薬が取り揃えてあります。夏の養生法も含めお客様に合う漢方薬をおすすめできますのでぜひみやわきをご利用くださいませ。





ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。 TEL 0299-82-6897(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ) mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp LINEはホーム→友だち→公式アカウント→「みやわき健康薬局」で検索してメッセージ下さいませ









0件のコメント

最新記事

すべて表示