• みやわき健康薬局  宮脇 崇

気を付けて!夏風邪(コロナ含み)に葛根湯が不向きな理由

こんばんは^^朝から夏にしては涼しく過ごしやすい感じとなった鹿嶋市です。このくらい涼しいと生活しやすくていいですよね。



さて、今日はみんな大好き葛根湯を思いっきり否定していこうと思います。ブログの題名は「気を付けて!夏風邪(コロナ含み)に葛根湯が不向きな理由」となります。



葛根湯は人気のある漢方薬の一つです。

効能効果は体力中程度以上のものの風邪の初期(汗をかいてないものの):鼻かぜ、鼻炎、頭痛、肩こり、筋肉痛、手や肩の痛みとなっています。


もうちょっと掘り下げて専門的に葛根湯をご説明しますね。


葛根湯には筋肉の緊張を緩和させると共に、体を温めつつ発汗させて悪寒や寒気を伴う関節痛といった体の違和感を取り除くと同時に、発散作用によって体表部から侵入してくるウイルスや細菌などをそれ以上侵入させないようにするという作用があります。


✅入っている生薬の効能を知ることによって更に理解が深まります

  • 葛根:軽い発汗、筋肉の緊張緩和、炎症緩和、解熱

  • 麻黄:体を温める、発汗、咳を止める、利水作用

  • 桂皮:発汗して緊張をとる、温めて血流をよくする

  • 生姜:体を温め発汗して体表部の緊張を緩和させる、食べ物の解毒、吐き気を止める

  • 大棗:胃腸の働きをよくする、エネルギーを補い心を安定させる、緊張緩和、薬性の緩和

  • 芍薬:エネルギーを補う、緊張を緩和せて痛みを止める

  • 甘草:薬性の緩和、胃腸の働きを補う、解毒、炎症の改善

上4つの生薬に発汗という文字が入っています。要するに体を温めて発汗を促すという作用が強い漢方薬ということが分かります。その効果によって寒気を取り去るので当然と言えば当然です。下3つの生薬が発汗や興奮といった薬性の行き過ぎを緩和させる役割があります。




熱い夏は葛根湯の持つ「悪寒を改善して発汗を促す」という作用が危険をもたらす


最初に申し上げておきますが夏は何があろうとも葛根湯を飲んではいけない!ということではありません。あくまでも「適応にならないことが多い」ということです。


なぜ適応にならないのか?

答えは簡単「発汗させすぎてしまう懸念があるから」です。


先ほど申し上げた通り、葛根湯には体を温めて発汗させるという作用が強い漢方薬になります。なので、夏は気温が高いということもあり発汗しやすい状態であることから、発汗しすぎてしまい体力を消耗させてしまうという危険性が高くなります。


とはいえ、風邪の初期であり、症状は悪寒を感じて節々が痛く発汗していないのであれば、もちろん服用可能です。服用してから体が温まり心身が楽になったら薬が効いたということになります。


しかし、夏は暑いのであまりこのような症状にはなりにくく、むしろ多汗や火照り、炎症がひどくなるなどの不快症状をもたらすことがあるので注意が必要です。



✅葛根湯の適応症ではない症状

  • 火照り&のどの痛みがある時

  • 寒気を感じない&喉の痛み

  • 火照りを伴う頭痛

  • 胃腸風邪

  • 発汗を伴う風邪症状

  • 火照りや熱感を伴う咳が出る時

  • 風邪を引いてから4日以上経過している時


このように寒気や悪寒を感じていない時や、逆に火照りや熱感がある時、更に胃腸風邪の時やすでに風邪の初期(風邪を引いてから4日以内)ではない時などは適応ではありません。


このような時に服用すると、汗がとまらなくなったり、喉の痛みや火照りなどの熱症状が余計に激しくなる、交感神経が刺激されて動悸や頭痛、胃痛などの症状が出る、体力が消耗する、余計にだるくなるなどの不快症状が出ることがあるので注意しましょう。


葛根湯には

  • 体を温める

  • 発汗させる

  • 交感神経を刺激する

  • 体力を消耗させる

  • 筋肉の緊張を緩和させる

などの働きがあります。なので、気温が高い、熱刺激によって神経が昂りやすい状態になっている、暑さで筋肉が緩んでいるという状態になっている夏には不向きなのです。



漢方薬にも副作用はあります。

薬は使い方によって薬にも毒にもなります。ご使用の際は漢方の専門家に相談してください。分からない時はみやわきまで聞いてくださいね。



今回は以上になります。よい週末を^^






ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。 TEL 0299-82-6897(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ) mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp LINEはホーム→友だち→公式アカウント→「みやわき健康薬局」で検索してメッセージ下さいませ

0件のコメント

最新記事

すべて表示