top of page
  • みやわき健康薬局  宮脇 崇

慢性的な喉の痛みの原因と漢方薬による対策法

こんばんは^^朝から気持ちよく晴れ、気温も上がり過ごしやすい感じとなりました鹿嶋市です。しかし、明日の午後は雨~雪の予報が出ていますので外出の際は注意するようにしてくださいませ。



さて、本日は「慢性的な喉の痛みの原因と漢方薬による対策法」というお題でブログを書いていきたいと思います。


のどの痛みというと、普通は1週間以内で治まると思いますが、中には1か月以上続く場合もあります。また、風邪の罹患に関係なく、喉の痛みがずっと続く(何か月も)というケースも。


その原因と対処法についてご説明します。





原因は体の中の熱と乾燥


慢性的な咽頭痛がなぜ引き起こされるのかに注目します。


通常の風邪で咽頭痛が起こる理由は、鼻や口から侵入してきたウイルスや細菌が咽頭部にある免疫の関所・扁桃腺にて、免疫と戦っているが故に発生します。要するに免疫が外敵をやっつけるために炎症を起こすのが原因ですが、慢性的な咽頭痛は免疫が原因ではなく「熱」や「乾燥」が原因となります。


皆さん、真冬のめちゃくちゃ乾燥している時期に、朝起きたら喉が痛くなっている時ってないですか?その痛みが乾燥による痛みです。動き出せば体表部を血液が勢いよく循環するようになるので、唾液の分泌が活発になり咽頭痛は解消されますが、中にはずっと乾きっぱなしの人もいます。


口が乾く病気としてシェーグレン症候群がありますが、漢方では陰虚といって体全体の水分保持力が低下することによって口の乾きが慢性化すると解釈しています。


また、体内に過剰な熱が発生すると(体温が上がるという意味ではありません)、その熱によって咽頭部が乾燥して痛みが発生することもあります。


これら、陰虚という口及び全身の乾きや過剰な熱による咽頭部の乾燥によって「慢性的な喉の痛み」は引き起こされます。



✅店頭でよく見受けられる慢性咽頭痛の原因

  • 肺胃鬱熱:肺や皮膚、胃に熱がこもっている

  • 肝胆鬱熱:ストレスによって熱がこもっている

  • 腎陰虚:体全体の水分保持力低下

  • 肺陰虚:肺や粘膜、皮膚などの水分保持力低下


以下、順番に細かい説明をしていきますね。


肺胃鬱熱は喉の渇きや痛み、食欲亢進、口臭、空咳、肌の痒み、口の乾燥、便秘などの症状が出やすいという特徴があります。漢方薬では桔梗石膏や清肺湯、防風通聖散などが適応になります。


乾燥やストレス、睡眠不足などに気を付けてナシ、リンゴ、ミント、大根、菊の花、柿などの粘膜を清熱&潤す食べ物を積極的に。



★肝胆鬱熱は喉の痛みと同時にイライラ、不安感、焦燥感、不眠、口が苦い、みぞおちの張り感、頭痛、喉に違和感があるなどの症状が出ます。漢方薬では加味逍遙散、柴胡清肝湯、柴胡加竜骨牡蠣湯などのが適応になります。


ストレスから遠ざかり、運動や趣味などで発散させると共に、セロリや柑橘系の果物、三つ葉、春菊などの香りが強い食べ物や炭酸飲料などでストレス対策するといいでしょう。



★腎陰虚は全身の肌の乾燥、咽頭痛、顔ののぼせ、手足の火照り、足腰がだるい、耳鳴り、頭皮の痒み、口の乾きなどの症状がでます。漢方薬では滋陰降火湯、知柏地黄丸、杞菊地黄丸などが適応になります。


過労やストレス、無理な運動、サウナや長風呂などはせずに、大根、レンコン、山芋、ナシ、白キクラゲ、白ゴマ、やまいも、黒豆、エリンギ、オクラなどの心身を潤す食べ物を積極的に食べるようにしてください。



★肺陰虚は肺や粘膜、皮膚の水分保持力が低下している状態です。空咳、口の乾き、咽頭痛、肌の乾燥、鼻粘膜の乾き、動悸息切れしやすいなどの特徴があります。漢方薬は麦味参顆粒、竹葉石膏湯、麦門冬湯などが適応になります。


激しい運動や口呼吸、慢性的なストレス、過労などせずに、牛乳、豆乳、ヨーグルト、はちみつ、白ごま、大根、蓮根などの粘膜を潤す食べ物を積極的に。



NGなのは「辛い食べ物」と「刺激物」、そして「心身への負担」。唐辛子や大量の胡椒、激辛カレーなどの辛いものは乾きや熱を助長させるのでなるべく口にしないようにしましょう。また、カフェインやアルコール、たばこなどの刺激物もなるべく避けるようにします。更にサウナや負荷の強い運動、睡眠不足、過労、長期のストレス、大声を出すなど心身への負担はなるべく避けるようにしましょう。





以上、慢性的な喉の痛み(1か月以上続く喉の痛み)の原因と対策法になります。

気になる人は漢方療法を試してみてください。利用する際には必ず専門家のアドバイスを受けてからにしてね。みやわき健康薬局は随時相談を受け付けています。近所の方はご来店、遠方の方は公式LINEから話かけてみてください。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。 TEL 0299-82-6897(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ) mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp LINEはホーム→右上の人+マーク(友達追加)→検索→@578zspjvで検索してメッセージ下さいませ






0件のコメント

Comments


bottom of page