top of page
  • みやわき健康薬局  宮脇 崇

健康になりすぎちゃう?「豆」の効能が素晴らしすぎる!

こんばんは^^寒い節分となりましたね。毎年、なぜか節分だけは記憶に残っているのですが「寒い」というイメージばかりです。



節分は言葉の通り、季節の節目。立春・立夏・立秋・立冬の前日をいいます。2月3日だけ節分が行われているのは「立春は1年の始まり」なので、一番大事な節目であることからというのが有力です。


なぜこんなに寒いのに春なの?ということですが、昔の暦が作られた基準となっているのが「太陽と地球の関係」。太陽と地球の関係に基づいて4つの季節に分けられています。太陽が北半球に最も近づく時を夏、夏に向かう時期を春、最も遠くなる季節を冬、冬に向かう季節を秋と定めます。春は太陽と地球が近付いているものの、地面は冷えているので気温が低くなります。なので、太陽の位置と気温にはギャップが生じます。このギャップにより違和感を感じる、ということになります。


前置きが長くなりましたが、今回は節分にちなんで「豆」の健康効果についてご紹介していきたいと思います。




素晴らしい豆の効果




以下、マメ別の効能を書いていきますね。


大豆大豆は、マメ科の一年草。味噌や醤油の主原料。豆腐やきな粉、納豆、、豆乳、がんもどきなどは全て大豆。↑写真のお豆も大豆です。


効能:平性(冷やしもしないし温めもしない)胃腸の働きを高める・余計な湿気を尿として排泄させる・血流改善・体の材料になる・ホルモンの材料になる・コレステロール抑制・骨の健康維持・脳の働きを活性化



黒豆:正式名称は、黒大豆。「畑の肉」と言われる黄大豆、青大豆など多くの大豆の種類の中の一つで種皮の色が黒色の大豆のこと。


効能:平性(冷やしもしないし温めもしない)体に精をつけるので、滋養強壮や月経不順、腰痛、老化防止に役立ちます。動脈硬化を予防・体の材料になる・糖尿病を予防・高血圧を予防・美肌効果・更年期障害の症状を改善・骨の健康維持



枝豆枝豆は、大豆を未成熟で緑色のうちに枝ごと収穫し、ゆでて食用にするもの。植物分類学上、枝豆は野菜類に属しますが、完熟した大豆は豆類となります。


効能:平性(冷やしもしないし温めもしない)胃腸の働きを高める・余計な湿気を尿として排泄させる・体の材料になる・アルコール分解を助ける・疲労回復や夏バテ防止・美肌維持



小豆:マメ科の一年草。あずきのほとんどは餡や菓子の原料になり、和菓子、冷菓、菓子パン、汁粉、ゆであずきとして活躍。赤飯としても使わています。


効能:平性(冷やしもしないし温めもしない)余分な水分を追い出し、水のだぶつきを改善・清熱・解毒・消腫(むくみや腫瘍の改善)・疲労回復・高血圧予防・便秘解消



そら豆マメ科の一年草。ソラマメは初夏の味覚の代表でもあり、ゆでたてのおいしさは格別です。


効能:平性(冷やしもしないし温めもしない)胃腸の働きを整える・余計な水分を排泄させる・二日酔いの改善・血流改善・体の材料になる・血管の若さを維持・便秘の改善



インゲン豆マメ亜科の一年草。さやごと食べるものを「さやいんげん」と呼び、中の豆を食べるものを「いんげん豆」と呼びます。


効能:微温(少し温めます)胃腸の働きを整える・余計な水分を排泄させる・下痢や吐き気の改善・利尿作用・疲労回復・体の材料になる・免疫力アップ・新陳代謝アップ・血管を丈夫にする




以上のような素晴らしい効能があります。共通するのが「胃腸の働きを良好にする」「余計な水分を排泄させる」「体の材料になる」などになります。漢方薬にも胃腸薬などに使われています。


このように薬にもなる素晴らしいお豆ですが、食べ過ぎはよくありません。大豆にはイソフラボンが豊富です。イソフラボンはその構造が女性ホルモン「エストロゲン」とよく似ているために、体内で女性ホルモンのような働きをします。なので更年期などの改善や美肌に効果を発揮しますが、摂りすぎもまた婦人科系疾患をもたらす可能性があるので注意するようにしましょう。体重60kgの方の場合⇒120mgほどが摂取上限の目安となります。木綿豆腐150g(1/2丁)⇒147mg、豆乳(200ml)⇒106mg、納豆50g(1パック)⇒120mgくらいになりますね。


また「ビタミンK」が豊富に含有されているので、病院にて血液の抗凝固剤を服用されている方は摂りすぎないようにしましょう。


人間の体はさまざまな食材によって出来ています。動いています。なので、一つの食材だけ摂っていても健康状態を維持することはできません。多種多様、様々な食材をバランスよく、味付けは薄味で、よく咀嚼して食べるようにするのが基本です。それを意識した上で豆類を健康維持にお役立てください。






ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。 TEL 0299-82-6897(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ) mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp LINEはホーム→友だち→公式アカウント→「みやわき健康薬局」で検索してメッセージ下さいませ




0件のコメント

Comentarios


bottom of page