• みやわき健康薬局  宮脇 崇

下痢の原因と対策

最終更新: 2019年11月14日









無料写真素材 写真AC より引用



こんばんは^^明日からめっちゃ天気が大荒れになって寒くなるようですね。しっかり防寒対策をしてご自愛くださいませ。



さて「下痢の原因と対策」ということですが、皆さんお腹の調子はいかがですか?日本人は比較的便秘の方が多いのですが、下痢の方も多くいらっしゃいます。


下痢は肛門が傷つきやすくなるので脱肛や切れ痔になりやすくなることや、慢性化すると大腸炎に発展すること、トイレの頻度が多くなるので生活に支障が出るなどのデメリットがあります。


そんな下痢の原因と対策を箇条書きで説明します。


まずは「急性の下痢」の原因と対策です。


①食べ過ぎ・飲みすぎ

食べ過ぎ、飲みすぎは腸に飲食物が停滞して消化吸収を阻害します。当然、消化吸収が阻害されると下痢が引き起こされます。


症状は臭い便、口臭、舌の苔が厚い、口やのどがネバついて違和感がある、吹き出物が出やすいなどがあります。


改善法は食べ過ぎ、飲みすぎを抑制すると共に、運動を行うようにして体の代謝を向上させます。漢方では悪いものを外に追い出す作用のあるインチン高湯、晶三仙、防風通聖散、半夏瀉心湯などを用います。



②冷え腹

冷たいものを摂りすぎると胃腸も冷やされて機能が低下して下痢が引き起こされます。


症状は温めると楽になる、下痢が出るとスーッと楽になる、水のような下痢、四肢が冷えるなどがあります。


改善法は冷たいものを摂らないこと、消化の良いものを食べること、体を温めることです。漢方では平胃散、カッコウ正気散、五苓散などになります。



③感染症や食中毒による下痢

風邪の原因となるウイルスや細菌、食中毒の原因菌が入ることによって引き起こされます。


症状は強い吐き気、腹痛を伴う下痢、その他悪寒や咽頭痛、咳、鼻水を伴うこともあります。


対策としては症状が強い場合や体力の乏しい小児、高齢者、慢性病を抱えている方などはすぐに医療機関を受診します。それ以外で症状が軽微な時は脱水に気を付けて安静にするようにしましょう。漢方では柴胡桂枝湯、小柴胡湯、半夏瀉心湯などが適応になります。



次に「慢性的な下痢」の対策になります。



①ストレスが原因の下痢

ストレスがあると自律神経のバランスが悪くなります。胃腸は自律神経によって制御されているので、これが狂うと胃腸の動きが速くなったり遅くなったりするので、下痢又は便秘が多くなります。


症状は下痢便秘を繰り返す、腹痛が伴う(痛む場所が変化する)、ガス・げっぷが多い、腹が張って苦しいなどの特徴があります。


対策としてはストレスフリーに努めると共に、入浴やゆっくりとした食事を心がけ、特に夕方以降はリラックスする、楽しむといった時間を増やすようにします。寝不足は絶対にNG。セロリや甘酸っぱいもの、トマト、乳製品などを積極的に。漢方では逍遥散や半夏厚朴湯、半夏瀉心湯、開気丸、柴苓湯などが適応になります。



②消化不良による下痢

胃腸や膵臓といった消化に大きく関与する臓器が弱っていると消化がしっかり行われにくくなるので消化不良が生じます。消化不良のまま飲食物が大腸に行きつくと、大腸の壁を過剰に刺激してしまうので大腸の動きが過敏となり下痢が引き起こされます。


症状は食欲不振、胃もたれ、肛門に違和感を感じる下痢、便が臭い、未消化のものが便に混ざるなどがあります。


対策は食べ物はなるべく熱を加えて調理する、よく噛んでゆっくり食べる、冷たいもの、生ものはなるべく口にしない、小食に努めるなどがあります。漢方では晶三仙、平胃散、参令白朮散、半夏厚朴湯、大高酵素などが適応になります。



③体力の低下による下痢

肝臓や腎臓といった大事な臓器の弱りや、心身のエネルギーが低下しているが故に引き起こされる下痢です。心身のエネルギーが低下しているが故に、胃腸がうまく動かず、結果消化不良もしくは機能不全となり下痢になります。


症状としては体力低下、動くのが億劫、やる気が起きない、元気がない、四肢が冷える、脈が遅い、食欲不振、むくみなどがあります。夜明け前に下痢することが多くなるという特徴も。


対策としてはストレスフリー、休養、栄養のあるものを食べる、病気を治す、規則正しい生活を送る、禁煙・禁酒、冷え対策に努めると共に心身を壮健にする作用のある各種補腎薬や強壮薬の服用をおすすめします。


その他、病気やアレルギー、薬、サプリメントの影響、食べ物、飲み物の影響、気候の変動など様々なものが原因となります。見逃していいものから深刻な病気が原因のものまで非常に幅が広く見分けにつきにくいのが下痢の特徴です。



以上、非常に簡単になりますが下痢の原因と対策になります。お悩みの方はぜひみやわきまでご相談くださいませ。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897

(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)

mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 

LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい





DSC_08rehher39.JPG

漢方相談

​親切丁寧をモットーにお客様に合う漢方薬をご紹介します。多種多様の漢方薬をご用意してお待ちしています

cfca2ff0d70a69fc7794c93bd1d1c4ae_m.jpg

BLOG

​主に漢方に関すること、健康に関することを綴っています。皆様のお役にたてたら幸いです

みやわき健康薬局のご紹介

処方せん受付・漢方相談販売・一般医薬品販売・化粧品相談販売・お肌のお手入れなどが主となっています

DSC_0170.JPG

自然派化粧品・お肌のお手入れ

​お肌にやさしい自然派化粧品リスブランやカネボウ化粧品を取り扱っています

3925cd038b6572511c7700617d42075a_s.jpg

お問い合わせ

TEL・FAX・MAIL・LINEなどで対応しています。気になったことをご相談下さい

d280210f309cd1ed5bef79ec62107fc5_s.jpg

地図

当店までの道順、地図になります。お気をつけてご来店下さいませ

​みやわき健康薬局

ご相談は無料です ぜひお気軽にご相談下さいませ

住所

〒314-0031

​茨城県鹿嶋市宮中2048-20

連絡先

電話番号 0299-82-6897

FAX番号 0299-82-6928

営業時間

​AM9:00~PM7:30

定休日:日曜・祭日

LINEによるご相談、ご予約も受け付けています。LINEID「takashi6897」で検索してご登録くださいませ

​取扱商品:漢方薬 自然派化粧品 処方箋 一般医薬品