• みやわき健康薬局  宮脇 崇

人はなぜストレスを受けると疲れるのか?

こんばんは^^台風一過、気持ち良く晴れたのはいいですが、肌にまとわりつく重い空気が気持ち悪いですね。台風の影響で停電の地域が多く、その被害の大きさを改めて実感します。



さて、「なぜストレスを受けると疲れるのか?」ということですが、皆さん今日疲れていませんか?私はどっと疲れています。理由は台風の音で眠れなかったから。それにプラスして台風そのものがストレスに感じたから、雨漏れや断線、電灯のトラブル、周辺の汚れなどによるイライラも原因になっています。


このように、ストレスは人間を疲れさせます。


ではなぜストレスを感じると疲れるのでしょうか?


理由は簡単、ストレスによって自律神経が刺激され、「全身がいつも以上に活発に動いてるから」です。各種ホルモンの分泌が活発になり、それに伴い脈拍が早くなり、血圧も上がる、代謝が活発になり血液中に栄養が増える、耳や鼻の機能がアップする、色々と敏感になるなどの状況になります。


当然ですが、全身の機能が活発に動いているので「疲れやすくなる」ということに繋がります。


特に普段リラックスしている人は疲れがどっと出ます。逆に普段から緊張気味に仕事している方はあまり変わらないでしょう。(とはいっても体力が充実している場合。疲弊している場合は同じように疲れる)


この疲れは交感神経の緊張度が「強ければ強いほど増す」傾向があります。また、体力が「乏しいほど感じやすい」という傾向があります。


よって、ちょっとした緊張で心身が疲労する…という場合には、緊張度が激しすぎるのか、それとも体力が乏しいのかということを見極めることが大事になります。


緊張度がハンパない、という場合にはストレスフリーに努めると共に、メンタルを強くするスポーツを取り入れるようにするといいです。体力が乏しい場合にはその原因を改善すると共に、食生活や睡眠、ストレスの有無、病気の有無など生活全般を見直すようにします。もちろん見合ったスポーツを行うのも効果的です。


漢方の世界ではあまり推奨されていませんが、疲労の改善、免疫力アップには「酵素」が大事だということが分かっており、その酵素は生野菜、生のフルーツ、刺身、レアの肉など生のものに多く含まれています。よって、胃腸と相談しながらですが生のものを適度に摂取するということもテクニックとして覚えておくといいでしょう。


ストレス性の疲労で悩まれている方は数多くいます。私のところにも相談に見える方が数多くいらっしゃいます。改善は上に書いたのはもちろん各種漢方薬も効果的です。そして何より大事なのが「ゆっくり不快症状付と付き合っていく」という姿勢です。半分くらい「先天的な要因」もありますので、すぐにどうこうではなくゆっくり治していくという姿勢がいい方向へと導いてくれます。




LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さいご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897 (お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ) mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 






0件のコメント