• みやわき健康薬局  宮脇 崇

こういう時こそお笑い番組を観よう



こんばんは^^外はすっかり春ですね。昼休みに日向ぼっこをしていたのですが、日差しがとても暖かく、新緑が気持ちよさそうに光ながら風に揺られていました。


さて、本日も東京で180人前後の感染者が発表されましたね。今までで最高の感染者数になります。連日このようなニュースがテレビから流れ、SNSなどでもコロナ一色、そして会話でもほぼコロナばかり。ホントに気が滅入りますよね。


気が滅入ると体も疲れます。免疫は心身の状態を反映するので免疫が低下して風邪に罹患しやすくなり、その風邪(コロナではない)をコロナだと心配して更にストレスが強くなり心身が疲弊する…という方が非常に多くなっています。


この堂々巡りを打ち切ってくれるのがPCR検査ですが、生憎今の日本では気軽にPCRをしてもらえない状況となっているので、風邪症状が軽いのであれば「コロナであっても死ぬことはない」のでひたすら家で隔離して我慢するしかありません。もちろん、検査基準となる4日間(基礎疾患がある方は2日)38℃以上の発熱がある場合は検査対象となるので検査を申し出るようにしましょう。



こんな時のためにお笑い番組がある

今のようなストレスMAX状態の時にあるのがお笑い番組です。こんな時は無礼講です。好きなお菓子と飲み物片手になーんにも考えずにお笑いを観て大笑いしましょう。yotubeでも何でもいいです。


人間、笑えば心がふっと軽くなるから不思議です。ぜひ報道番組ではなくお笑い番組を観てガハハと笑いましょう。実は私もここ数日コロナ関連のニュースやSNSばかり見ていたので心がお疲れモードです。が、昨日水曜日のダウンタウンを観て大笑いしたらちょっと心が軽くなりました。


ある研究によると、口元を上に上げて「作り笑い」をするだけでストレスが緩和されるということです。作り笑いだけで気持ちが変化するって不思議ですが、あながちウソでもないのかなと思います。



読書は別の世界に誘ってくれる



頭が疲れている時はあまりおすすめしませんが、不安や恐怖を緩和させる方法として「読書」があります。


読書は読むだけで別の世界へ誘ってくれます。現実を全て忘れて本の世界に没頭することができます。まるで自分がその世界の主人公にでもなったかのように、ハラハラドキドキとなり現実世界のストレスを忘れさせてくれます。


現実世界のストレスを忘れる時間が増えていけば、ストレスの影響が減少するので、段々とストレス耐性がアップしていくので、ストレスに耐えられるようになります。


よって、読書はもちろん、全てを忘れて没頭できる趣味などを持つということがストレス耐性を高める上で大事になります。


ただ、没頭する=脳を疲れさせるということになるので、頭があまりにも疲れている時(常に眠い、だるい、やる気が出ない)はどちらかというと読書よりも脳を休めるような行動を重視した方がいいでしょう。


私も少し疲れていると感じているので、今日はいつもよりも早く就寝しようと思います。

それではまた明日。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。 TEL 0299-82-6897(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ) mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい


0件のコメント