top of page
  • みやわき健康薬局  宮脇 崇

きつい…。風邪を引いた時に頭が痛くなる原因と対処法

こんばんは^^日中は初秋のような暖かさでしたが、夜になって急に気温が下がってきた鹿嶋市です。このように気温差が非常に激しいので心身を冷やさないように注意したいですね。



さて、今日は「きつい…。風邪を引いた時に頭が痛くなる原因と対処法」というお題でブログを書いていきます。


皆さん風邪ひいた時に頭が痛くなりませんか?

インフルエンザが猛威を振るっていますが、感染した時に頭痛がしませんでした?


風邪を引いても頭痛が全くしなかったという人はかなり少数で、多くの方は少なからず頭痛又は違和感を感じたと思います。


本題に入る前に、NSAIDs(非ステロイド性消炎鎮痛薬)と呼ばれる種類の鎮静剤は、インフルエンザに罹っている時は使用を避けることが推奨されているというのはご存じですか?理由はNSAIDsはインフルエンザ脳症という合併症との関係が指摘されているからです。

↓こまかい理由はこちらからどうぞ




頭が痛くなる原因は「筋肉の緊張」や「ウイルスや細菌による炎症の波及」


頭痛の原因といえば脳血管の拡張や収縮をイメージされる方が多いかと思いますが、実はそれだけではなく、肩こりや頭部の表面の筋肉の凝り(緊張)や炎症の波及が原因のこともあります。例えば、肩こりがあると、その肩の痛みが頭部に波及して頭痛として感じとることも。


①筋肉の緊張

風邪の初期は寒気がしますよね。理由は体温を上げるため。体温を上げてウイルスを消滅させようとさせるのですが、その過程で、熱の放散を抑制するために体表部の血管を閉じ、更に筋肉を震わせて熱を増やすという行動を起こします。その時、全身の筋肉が収縮しているので関節痛や筋肉痛が発生します。当然、肩や首、頭部の筋肉が緊張すると、その筋肉の緊張による痛みが波及して頭痛となります。


この場合の対策は体温を素早く上昇させ、更に筋肉の緊張を解くことが大事になりますので、しょうが湯を飲んだり、分厚い布団で温まったりするのが改善法になります。漢方では葛根湯や麻黄湯、桂枝湯、川芎茶調散などが適応になりますね。



②咽頭部や鼻腔の炎症

次に炎症が波及するという理由です。風邪引くと喉が痛くなりますよね。また、長引くと鼻炎や副鼻腔炎、上咽頭炎などに波及するケースもあります。この炎症が神経を刺激して放散痛を引き起こし、頭痛となることもあります。


この場合には原因となっている炎症を改善することが治療法になります。こちらは代表的な処方となりますが、風邪初期の咽頭痛には銀翹散や桔梗湯、上咽頭炎には小柴胡湯桔梗石膏、滋陰降火湯、副鼻腔炎には辛夷清肺湯や排膿散及湯などが一部ですが適応になります。




更に血管拡張による頭痛もある

体温が上がると、体は今度はその熱を放散して体温を調節しなければなりません。熱を放散させる時には、体温を上げる時と逆になるので血管が拡張します。血管が拡張しすぎると、その横を通っている神経に触れて痛みが発生します。


よって、熱が上がり切ってしまってから布団などで体を温めている場合には熱過剰となるので、血管が過拡張して頭痛が発生します。また、風邪後期になると、ウイルスが去ってもなお、自律神経がアンバランスな状態が続くので、そのアンバランスによる血管の収縮や拡張が引き起こされて頭痛が出ることがあります。



③発熱や温めすぎによる頭痛

発熱や体を温めすぎたことによる頭痛には、頭部を氷枕で冷やすという方法をおすすめします。また、布団などで体を温めすぎないことも大事になります。漢方では白虎加人参湯、銀翹散+桔梗石膏、地竜などが適応になります。



④風邪の治りかけで自律神経が不安定なために出る頭痛

発熱も一段落して体は楽になったものの、頭痛だけがひどい状態が続いているという場合には、自律神経が不安定になっていることが考えられるので、柴胡桂枝湯や小柴胡湯などの風邪後期の自律神経を整える漢方薬が適応になります。釣藤散(実証:のぼせや興奮が強い)や補中益気湯or麦味参顆粒(脱力感や疲れがひどい)を用いることもあります。


その他、咳が原因で発生する頭痛もありますが、そちらは咳を治すことで頭痛も自然と治ります。




今回は以上になります。中には髄膜炎などの重篤な病気が原因で頭痛が出ていることもありますので、これは普通じゃない…と思ったら躊躇なく病院に行くようにしてくださいね。


軽度の「いつもの痛み」であれば漢方薬で十分に対応可能なので、ぜひお使いになってみてください。もちろん、使用は専門家の指導の下。誰に相談したらいいか分からない…という方はぜひみやわき健康薬局の公式LINEに登録して聞いてみて。親切丁寧に対応させていただきます。





ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。 TEL 0299-82-6897(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ) mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp LINEはホーム→右上の人+マーク(友達追加)→検索→@578zspjvで検索してメッセージ下さいませ



0件のコメント
bottom of page